スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終着駅


2012年11月18日撮影 久留里線上総亀山駅にて

上総亀山駅は盲腸線である久留里線の終着駅。この先に線路がないという感覚は何と寂しいものなのだろうか。夕暮れ時に錆びたレールと車止めを見て、何故だか家に帰りたいという想いにかられた。
スポンサーサイト

小田原城公園豆汽車の運転席



だいぶ時間が空いてしまったが前回からの続き。小田原城公園豆汽車の運転は、車両に乗り込みながら操作を行うオーソドックスなタイプ。運転台にはマスコンの他、ブレーキ、電子ホーンや電源などのスイッチ類が配置されている。今回ご覧いただきたいのは中央にあるマスコン。詳細は不明ながらも、本物からの転用品と思われる。係りの人に伺ったところ、とても古いということ以外は一切不明。このD52は1968年製造。豆汽車自体は1950年開園当初から走っている事を考えると2代目に当たる。誰も作られた当時のことなんて詳しくは知らないのだろうか。ただ、手作り感が満載な車両だけあって、どこからか流れてきたものを転用したなんて話があっても全然不思議ではない。実に興味深い車両だ。

ウチナンチュの魂とゆいレール


2015年8月2日撮影 ゆいレール牧志~美栄橋にて

エイサーとは沖縄・奄美地方の伝統芸能ことで、お盆の時期に現世に戻ってくる祖先の霊を送迎したり、もてなしたりするための、本土で言う所の盆踊り的なものである。しかしながら、ただの盆踊りとは比較にならないくらい沖縄では老若男女全県民的に盛んで、太鼓を打ち鳴らしながら跳んで回ってと実にアグレッシブ。そして、お盆の時期に限定される盆踊りとは異なり、ことあるごとに踊られるのもエイサーの特徴。現在では観光集客の色が強く、盆踊りと言うよりどちらかと言うと北海道のソーラン節や高知のよさこいに近いものなのかもしれない。そんなエイサーであるが、8月末の旧盆を前に県内各地で活発に行われる。その中で特に規模が大きいものが那覇市内の中心である国際通りを全面封鎖して行われる『一万人のエイサー踊り隊』だ。本当に一万人参加しているかと言う話はさておき、県内各地からエイサー団体が集まり、一斉に踊りだす姿は凄まじい迫力であった。私はそんなウチナンチュ(沖縄の人)の魂とゆいレールを一枚のフレームに収めるべく、国際通りに向かった。

途中駅の始発駅


2015年8月28日撮影 稲村ヶ崎駅にて

鎌倉駅最終列車は稲村ヶ崎行、一日一本だけの行き先だ。この稲村ヶ崎行は同駅に到着後、そのまま夜間留置されて翌朝の同駅始発の一番列車として藤沢に向かう。今回撮影したのはその稲村ヶ崎駅始発の一番列車なのだが、これがいつもとは一味違う。この夏は稲村ヶ崎駅でバリアフリー工事を行う関係で平日には夜間留置が行えず、同駅到着後は江ノ島駅まで回送し、翌朝、再度回送していたのだ。撮影日の大まかな流れとしては以下の通り。

①江ノ島からの回送列車、稲村ヶ崎駅鎌倉方面行ホームに到着。
②駅員の手信号により鎌倉方面に前進し、分岐器を渡った少し先に停車。(今回の一枚はその発車シーンを収めたもの)
③本線上で運転士と車掌が交代。
④同駅藤沢方面ホームに入線。

CONTAX T2

CONTAX T2

今回紹介するT2は、CONTAXが1990年に発売した高級コンパクト機シリーズの第2弾であり、このシリーズで最も人気を博した機種である。レンズにはゾナーの単焦点(38mm F2.8)を搭載し、ボディーの素材はチタン製。1990年発売という実にバブリーらしい作りである。また、ここでのCONTAXは京セラ(元はヤシカ)とのブランドだけあって、フィルム圧板には京セラのセラミックが使われているのも面白いところ。さて、レンズにゾナーを使っているだけあり、写りは文句なしなのだが、こいつの人気の秘密はそれだけにあらず。何と言ってもギミックが面白いのだ。電源を入れるとチタンのレンズカバーがスライドし、沈胴式のレンズがせり出す。凝った仕掛けは本当にカッコいい。別に撮影するつもりがなくても、これ見たさについつい電源を入れてしまう。見せるお散歩カメラとして、現在も第一線で活躍している。

続きを読む

福井の夜に


2014年10月15日撮影 福井鉄道仁愛女子高校駅にて

夜の福井駅に降り立った。お目当ては福井鉄道の路面区間を走る大型車両たち。この日は途中寄り道をした四日市での撮影と長時間の移動で既にヘトヘトで、時間も既に19時過ぎ。撮影は翌朝からとして、食料の調達してからすぐに寝る予定だったのだが…その調達のために向かったコンビニの目の前には電停があるではないか。前述通り撮影は翌朝からではあったが、せっかくだからと本来の目的そっちのけで撮影を試みた。道端でおにぎりを食べる味気ない夕食にはなってしまったが、そのかいはあったと思う。

古島団地


minolta SR-7 MC ROKKOR 135mm f3.5 NEOPAN400

沖縄が日本に復帰した1972年に建てられた古島団地。老朽化によりコンクリートはボロボロで、あちらこちらで鉄筋がむき出し。ついに取り壊されることとなった。この写真は住民もすべて立ち退き、廃墟と化したこの団地に重機の手が入ろうとしている直前の頃のもの。人がいなくなってからは猫たちの格好のたまり場、近所ということもありよくフィルムカメラ片手に通った。

瀬野八越え


2011年8月25日撮影 山陽本線瀬野~八本松にて

瀬野八とは山陽本線の瀬野~八本松間の10kmにおよぶ急勾配区間のこと。鉄道が開業する以前から、『東の箱根、西の瀬野八』として難所となっていた。現在、ここを通過する一部の上り貨物列車には広島貨物ターミナルにて編成の最後尾に補機が連結され、後押しされる形でこの難所を越えている。

地下鉄


2013年1月19日撮影 横浜市営地下鉄戸塚にて

デジタルカメラの高性能化により、銀塩の時代には考えられなかったような超高感度撮影が可能となった。地下鉄を地下で撮影できるのもこのおかげだ。

望郷と薄


2014年11月7日撮影 七里ヶ浜~鎌倉高校前にて

♪すすき野原は銀のいろ、風が身にしみる~。会社でカラオケに行ったところ、年齢詐称疑惑をかけられた。
プロフィール

しらす

Author:しらす
twitter@gdgd209motor
Flickr

≪自己紹介≫
一応、撮り鉄やってます。大好物は貨物列車や機関車(特に凸型デキ)、専用線・専用鉄道など。最近は地元江ノ電の撮影にお熱ではありましたが…就職で沖縄に引っ越すことに。というわけで現在撮り鉄休業中。

≪主な使用機材≫
Nikon D4s ←NEW!!
Nikon D7000
Nikon D40
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
SIGMA APO 70-200mm F2.8 II EX DG MACRO HSM
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM
SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
Ai AF Nikkor 28mm F/2.8
AF-S Nikkor 50mm F/1.8G
SIGMA 300mm F4 APO TELE MACRO

当ブログ内の画像や文章の著作権は管理人にあります。 画像や文章の無断での転載はご遠慮ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもお世話になっているサイト様へのリンクです。
天気予報
今後の撮影計画の策定にご活用ください。

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。