スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素直に喜べない北陸新幹線開業


2015年9月20日撮影 北陸新幹線黒部宇奈月駅/富山地方鉄道新黒部駅前にて

シルバーウィークは北陸に飛び立った。私は幾度となく旅行でこの地を訪れているが、新幹線開業後では初である。5連休ということも当然あるが、新幹線の開業効果により北陸の観光名所は以前には考えられないような混雑っぷりであった。例えば以前では閑散としていた宇奈月の温泉街も嘘のように混み合っていて、大型駐車場には順番待ちの渋滞が街の外までできていたほどであった。また、金沢港に併設されている『いきいき魚市』は地元の人や観光よりも食を楽しみたい旅行客が来ていたくらいで閉店間際でも新鮮な朝どれの海産品が手に入ったが、今では昼ごろには完売・そのまま閉店する状況だ。魚を買えばお刺身にまでさばいてくれるとても良いサービス付だったが、大量に押し寄せる観光客の前にはそのようなことをする余裕もあまりなく、さらに地魚は気軽に食べられる価格ではなくなっていた。私が鎌倉に住んでいた経験則から言うと、観光地に住むということは箔がつく一方でウンザリすることもあるのだ。できれば北陸にはそうなってはほしくない。

別に混むこと自体を否定するわけではない。これは経済的にはその地域が潤うことを意味しており、大変喜ばしい事である。しかし、私が心配しているのはこれによって今まであったものが無くなってしまうこと、そしてそこから軋轢が生まれて住民VS商工従事者(主に観光)や観光客の低リピート化である。例えば宇奈月温泉の外れ、宇奈月湖湖畔にある『とちの湯』という温泉施設がある。あまりのアクセスの悪さから以前はよっぽどの温泉好きでなければ来なかったこの場所にも大量の観光客が訪れた。ここでは提供されている食事のメニューが以前と一変してしまった。黒部の名水と地元のブランド豚を使ったカレーや黒部の山で採れた山菜を使ったそば・うどんはなくなり、今はきつねかかき揚げしか具が選べない駅そばと大して変わらないメニューだ。絶景を見ながら地元の幸をふんだんに使ったカレーを食べることを想像しながらやって来たものの、この事実にはガッカリだった。従業員は忙しいのか、カレーはなくなったと告げた際の対応は鈍感な私でも感じ取れるくらい声にストレスが表れ、愛想のないものだった。
スポンサーサイト
プロフィール

しらす

Author:しらす
twitter@gdgd209motor
Flickr

≪自己紹介≫
一応、撮り鉄やってます。大好物は貨物列車や機関車(特に凸型デキ)、専用線・専用鉄道など。最近は地元江ノ電の撮影にお熱ではありましたが…就職で沖縄に引っ越すことに。というわけで現在撮り鉄休業中。

≪主な使用機材≫
Nikon D4s ←NEW!!
Nikon D7000
Nikon D40
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
SIGMA APO 70-200mm F2.8 II EX DG MACRO HSM
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM
SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
Ai AF Nikkor 28mm F/2.8
AF-S Nikkor 50mm F/1.8G
SIGMA 300mm F4 APO TELE MACRO

当ブログ内の画像や文章の著作権は管理人にあります。 画像や文章の無断での転載はご遠慮ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもお世話になっているサイト様へのリンクです。
天気予報
今後の撮影計画の策定にご活用ください。

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。