スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CONTAX T2

CONTAX T2

今回紹介するT2は、CONTAXが1990年に発売した高級コンパクト機シリーズの第2弾であり、このシリーズで最も人気を博した機種である。レンズにはゾナーの単焦点(38mm F2.8)を搭載し、ボディーの素材はチタン製。1990年発売という実にバブリーらしい作りである。また、ここでのCONTAXは京セラ(元はヤシカ)とのブランドだけあって、フィルム圧板には京セラのセラミックが使われているのも面白いところ。さて、レンズにゾナーを使っているだけあり、写りは文句なしなのだが、こいつの人気の秘密はそれだけにあらず。何と言ってもギミックが面白いのだ。電源を入れるとチタンのレンズカバーがスライドし、沈胴式のレンズがせり出す。凝った仕掛けは本当にカッコいい。別に撮影するつもりがなくても、これ見たさについつい電源を入れてしまう。見せるお散歩カメラとして、現在も第一線で活躍している。
 これまで褒めちぎってきたT2にも難点がいくつかある。まず一つはあのギミックの代償である。電源投入の度に必ず動き出すことから、故障のリスクが他のコンパクトカメラとは比べ物にならないくらい高いのだ。機構は実に複雑で修理が高くついたり、直せなかったりする場合が多い。さらに追い打ちをかけるように京セラがカメラ事業から撤退し、アフターサービスも2015年4月30日終了。まさに四面楚歌な状況だ。そして、もう一つの難点はAFの精度である。こいつを手に入れてから初めて仕上がったネガを見てビックリ、なんと3~5枚に1枚はピンボケなのだ。AF技術もそこそこ確立されてきた90年代では考えられないくらいの恐ろしい精度。一応、T2には高級コンパクト機らしいマニュアル撮影機能が搭載されており、撮影の面でいろいろと融通の利く面もあるが、MFに関しては救済措置的なものなのだろう。
スポンサーサイト
プロフィール

しらす

Author:しらす
twitter@gdgd209motor
Flickr

≪自己紹介≫
一応、撮り鉄やってます。大好物は貨物列車や機関車(特に凸型デキ)、専用線・専用鉄道など。最近は地元江ノ電の撮影にお熱ではありましたが…就職で沖縄に引っ越すことに。というわけで現在撮り鉄休業中。

≪主な使用機材≫
Nikon D4s ←NEW!!
Nikon D7000
Nikon D40
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
SIGMA APO 70-200mm F2.8 II EX DG MACRO HSM
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM
SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
Ai AF Nikkor 28mm F/2.8
AF-S Nikkor 50mm F/1.8G
SIGMA 300mm F4 APO TELE MACRO

当ブログ内の画像や文章の著作権は管理人にあります。 画像や文章の無断での転載はご遠慮ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもお世話になっているサイト様へのリンクです。
天気予報
今後の撮影計画の策定にご活用ください。

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。