スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人類にはまだ早い??筑波山ガマランド

_DSC0199_01.jpg
2014年11月16日訪問

 紅葉シーズンを迎えて賑わう筑波山。しかし、なにも紅葉を見に来るために私はわざわざこの山に登ったわけではない。私の目的は筑波山にあるとある施設の現地指導である。そのとある施設はつくばスカイラインの終点、山頂へと通じるロープウェイの駅や駐車場のある一角に佇んでいる。初めて筑波山に登った私ではあるが、観光客で賑わう中で明らかに雰囲気の異なる空間が広がっていたのですぐに気がついた。既にタイトルからネタバレしている通り、今回現地指導する場所はB級スポット界のA級スポットとも名高い『筑波山ガマランド』だ。どのような場所なのか平たく言うと、『食堂』と『おみやげ屋』と『遊園地(?)』と『神社(パワースポット?)』が一つになった観光施設である。アンゾフもビックリする非関連多角化だ。
 さて、このガマランドの異空間の秘密を探っていくために、中に入っている店舗を見ていくことにしよう。まず食堂であるが、食品サンプルのレイアウトの中にインチキ臭いドラえもんのぬいぐるみがある以外は味共に至って普通である。次におみやげ屋であるが少し謎な商品がある以外はこれも至って普通だ。ここまでは寂れた観光地にありがちな至って普通の店である。これだけではとてもB級のA級にはなれない。このガマランドの凄みは残りの『遊園地』と『神社』に所以するのだ。
 遊園地には硬貨を投入すると音が出たり揺れたり動く乗り物が数多く並んでいる。しかし、どの乗り物も野外に置かれているために状態が極めて悪い。動くかどうかも怪しいところである。また、園内には遊具を宣伝する看板が多数あるが、実際に行ってみると既に跡形もなかったり、非常にしょぼかったりと半ば詐欺に近い。例えば「SLのりば」の看板を辿ってみると既に廃線になっていたり、「無料スペースシャトル」も行ってみると映画・某宇宙戦争に出てくるロボット(R2D2)似の滑り台であった。そして、この遊園地の目玉は何と言っても「360°のパノラマ 筑波山唯一の眺望」と自ら豪語する展望台とそこから降りるジャンボ滑り台である。いざ展望台に登ってみると案外普通に長めの良い展望台だった。しかし、看板で「360°のパノラマ」と謳ってはいたが、頂上でもないのだから当然そこまでの視野角度はなく、せいぜい270°くらいである。またしても商品掲示法に触れそうな詐欺であった。さて、展望もしたのでもう一つの目玉であるジャンボ滑り台で降りることにしよう。しかし、子供は遊んでいるものの滑り台で滑っている子供は一人もいない。何とジャンボ滑り台はコンクリート剥き出し、打ちっぱなしの滑り台だったのだ。摩擦係数の概念は皆無に等しく、とてもではないが滑ることなどできない。滑ったにせよズボンがあっという間にボロボロになり、お母さん怒られるパターンである。ガマランド恐るべし!!
 最後に神社(パワースポット)である。遊園地内のいたるところにドラクエ顔負けな胡散臭いスポットがたくさんある。例えば「山中から出土」と書いてありながら明らかに人造感しかないにぎり岩、祠が崩れてどれが本物なのか分らない「生命の石」、岩をペンキで青く塗っただけの「神秘ガマの滝」など盛りだくさんだ。しかし、これまで紹介してきたものは全て序章に過ぎない。このガマランドの異空間さを醸し出す元凶、それはガマ洞窟である。これまですべて無料であったが、ここだけは有料で500円、おみやげ屋でチケットが買える。洞窟に入るとまず目に入るのが「入場料の払い戻しはいたしません」の看板…もう直感的にヤバさしか感じない。以降中の詳細は行ってからのお楽しみということで何卒勘弁願いたい。ただ一つ言えることは人類には早すぎる場所だということ。おみやげ屋と食堂が入っている建物の外壁に「ミステリーゾーン」という看板を掲げ自ら豪語するだけあって本当にミステリー以外の何ものでもなかった。宇宙の大きさと自分という人間の小ささに打ちひしがれながら私は筑波山を後にした。
スポンサーサイト
プロフィール

しらす

Author:しらす
twitter@gdgd209motor
Flickr

≪自己紹介≫
一応、撮り鉄やってます。大好物は貨物列車や機関車(特に凸型デキ)、専用線・専用鉄道など。最近は地元江ノ電の撮影にお熱ではありましたが…就職で沖縄に引っ越すことに。というわけで現在撮り鉄休業中。

≪主な使用機材≫
Nikon D4s ←NEW!!
Nikon D7000
Nikon D40
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
SIGMA APO 70-200mm F2.8 II EX DG MACRO HSM
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM
SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
Ai AF Nikkor 28mm F/2.8
AF-S Nikkor 50mm F/1.8G
SIGMA 300mm F4 APO TELE MACRO

当ブログ内の画像や文章の著作権は管理人にあります。 画像や文章の無断での転載はご遠慮ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもお世話になっているサイト様へのリンクです。
天気予報
今後の撮影計画の策定にご活用ください。

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。