スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Minolta Hi-Matic E 

minolta Hi-matic E

 1960年代後半から70年代にかけてコンパクトカメラが世の中を席巻した。それまでのカメラはマニュアル撮影による露出を見極める技術が必要であり、ボディーも大きくて重たくてとても万人が気軽に撮れたというものではなかった。これがEE(Electric Eyeの略、AEとも言うらしい)機構の登場によって巻き上げてピントを合わせるだけ、後は何もせずにシャッターボタンを押すだけで気軽に撮影できるようになったのだ。また、電子機構はこれまでの機械式のカメラに比べてボディーの大幅な小型化を可能とした。1960年代・70年代の〇〇ブーム時に出現したカメラ小僧は、写真撮影に市民権を与えたEE機構のコンパクトカメラの産物なのだろう。とにかく、空前のコンパクトカメラブーム巻き起こり、海外製も含めて様々なメーカーが似たようなボディーのカメラをこぞって世に送り出した。OEMも盛んに行われたため、どのカメラがどのメーカーの中身なのかは少々疑問ではあるが、そんなカオスなところに惹かれて私はこの年代のカメラをこよなく愛し、収集している。
 今回紹介する一台もそのブームの真っただ中、1971年に発売されたMinoltaのHi-Matic Eというカメラである。当時は28000円~で販売され、様々なコンパクトカメラが溢れていた中では少々高めで高級機の位置づけであった。重量は540gと今のコンパクトカメラからの感覚では大きめのボディーであるが、これは当時としても少々大きめであった。しかし、その分写りはロッコールらしいしっかりとしたものだと思う。一方で弱点もある。このカメラはシャッター回り、とりわけレリーズ部分の電子系統が弱いのである。私のこの一台も3本目のフィルムの途中で壊れてシャッターが切れなくなってしまった。現在2代目を整備中だ。
※ここから先は電池の話をしますが全て自己責任でお願いします。この記事によって生じたトラブル・損害に関して著者は一切の責任を負いません。

 電池はNR52水銀電池が2個必要であるが、水銀電池は現在製造禁止なのでそのままでは動かすことができない。そこで、現在でも市販されているSR44というボタン電池を使う。この電池はNR52とほぼ同じ電圧であり、電池のサイズを合わせるためアルミホイルなどで作ったお手製のアダプターを噛ませることで代替が可能となる。EEカメラの弱点は機械式と違って電池がないと全く動かないという点にあり、この手のEEカメラをコレクションする際は電池の問題が常に付きまとう。このボタン電池とアルミホイルは非常に有効な手段である。
スポンサーサイト
プロフィール

しらす

Author:しらす
twitter@gdgd209motor
Flickr

≪自己紹介≫
一応、撮り鉄やってます。大好物は貨物列車や機関車(特に凸型デキ)、専用線・専用鉄道など。最近は地元江ノ電の撮影にお熱ではありましたが…就職で沖縄に引っ越すことに。というわけで現在撮り鉄休業中。

≪主な使用機材≫
Nikon D4s ←NEW!!
Nikon D7000
Nikon D40
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
SIGMA APO 70-200mm F2.8 II EX DG MACRO HSM
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM
SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
Ai AF Nikkor 28mm F/2.8
AF-S Nikkor 50mm F/1.8G
SIGMA 300mm F4 APO TELE MACRO

当ブログ内の画像や文章の著作権は管理人にあります。 画像や文章の無断での転載はご遠慮ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもお世話になっているサイト様へのリンクです。
天気予報
今後の撮影計画の策定にご活用ください。

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。