スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐路に立つ大井川鐵道

C10-8.jpg
2014年3月7日撮影 大井川鐵道新金谷駅 川根温泉笹間渡~抜里 かわねじ2号:C10-8+旧客4B

現在、大井川鐵道は再びのトーマス号の登場により活気に満ちている。昨年はライセンスの関係上でトーマス号の運行は非常に短い期間に限られたが、マスコミなどでこぞって取り上げられたこともあって予約が困難なほどであった。あまりの人気っぷりに大井川鐵道の対応は後手後手で正直機会損失があった感じは否めない。それにしてもどうして大井川鐵道は自社の目玉のSLをわざわざ手間や制約の多いライセンス契約を取得してまでしてトーマス号を運行したがるのだろうか。それはSLを目玉とした観光戦略に陰りが見え始めたことにある。大井川鐵道の収益の大半はSL運行による観光収入からだ。しかし、近年はその観光客(主にバスツアー客)などが減少し続けているのである。特に関越道の悲劇を契機として、2013年には高速乗合バス走行距離規制が強化され、首都圏から大井川鐵道(例えば新金谷駅など)までの距離が制限を越えるというから運行本数が激減。その年の大井川鐵道のツアー客は前年同期より46%も減少した。さらに、残った数少ないバスツアーもSL列車を始発駅から終点まで乗らず、数駅の区間しか乗らないなど思うように客単価が伸びない。さて、このようなSLを前面に出した戦略の苦戦により大井川鐵道は二期連続の赤字に陥った。そして、その煽りを受けて普通列車の本数はこれまでの半分に減便。今はとにかく少しでも乗客数を伸ばして普通列車の本数を以前の本数まで戻すことが第一なのだ。トーマス号への転換によりSLファンの中には反発する者もいるが、乗客数は順調に伸びているし、なにより子供は大喜びだ。大井川鐵道は今岐路に立たされている。我々は黙って金を落としながら見守るしかないと思う。
スポンサーサイト
プロフィール

しらす

Author:しらす
twitter@gdgd209motor
Flickr

≪自己紹介≫
一応、撮り鉄やってます。大好物は貨物列車や機関車(特に凸型デキ)、専用線・専用鉄道など。最近は地元江ノ電の撮影にお熱ではありましたが…就職で沖縄に引っ越すことに。というわけで現在撮り鉄休業中。

≪主な使用機材≫
Nikon D4s ←NEW!!
Nikon D7000
Nikon D40
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
SIGMA APO 70-200mm F2.8 II EX DG MACRO HSM
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM
SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
Ai AF Nikkor 28mm F/2.8
AF-S Nikkor 50mm F/1.8G
SIGMA 300mm F4 APO TELE MACRO

当ブログ内の画像や文章の著作権は管理人にあります。 画像や文章の無断での転載はご遠慮ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもお世話になっているサイト様へのリンクです。
天気予報
今後の撮影計画の策定にご活用ください。

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。