スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

minolta SR-7 (後期型:New SR-7)

minolta SR-7(後期)

 Minoltaはそれまでレンジファインダーカメラを製造していたメーカーであったが、1958年ついに同社で初めてとなる一眼レフカメラSR-2を発売した。以降、SR-1、SR-3、そして今回紹介するSR-7…SRシリーズとしてMC・MDマウントを生み出し、αショックが到来するまで同社の標準マウントとなった。ちなみに、SR-3からいきなり7になったのはこいつがマイナーチェンジを含めて通算7代目の一眼レフカメラであり、同年に発売されたハイマチックシリーズのカメラがアメリカの宇宙船フレンドシップ7号に持ち込まれたことにあやかるためである。
 さて、本題の話に戻ろう。SR-7は1962年に発売した世界で初めてCdS素子使用の外光式露出計を内蔵した一眼レフカメラである(NikonでいうニコンFフォトミックの位置づけだろうか)。これまで程々な位置づけであったSRシリーズであるが、このSR-7は同社が相当意気込んで作ったのか高級機として名をはせている。一番のウリであるその露出計は今で言うシャッター速度優先モードに相当するもので、シャッタースピードを設定するとそれに合った絞り値が指示されるというものだ。しかし、電池がなくてもバリバリ動く機械式カメラなもので現在まで一度も使用したことがない。機械式カメラだけあってボディーは非常にずっしりした頑丈な作りである。シャッタースピードは最速1/1000、現在でも十分に通用するものだ。シャッターを切る音も他社にはない迫力あり、非常に抜けの良い音で私好みである。
 読んでくださった方々も気になっているかもしれないが、タイトルに「後期型」と名の付く通り、当然「前期型」も存在する。前期型との違いとしては小型軽量化したかどうかで、基本スペックは全く同じである。しかも、小型軽量化と言ってもプリズムハウスが多少小さくなっただけで、持ってみた実感としてはあまり変化がないように感じられる。外観の変化もプリズムハウスの小型化に合わせてminoltaのロゴが少し移動したほか、アイピースの形状が丸形からオプションアクセサリーが装着可能な溝付きの角形に変更されたくらいだ。つまり、使う分にはそれほど変わらないということである。

minolta SR-7(前期)
▲minolta SR-7前期型
 当初レンズは28㎜の広角と100㎜の中望遠、200㎜望遠レンズの3本(カビが酷かったので実質使えるのは28㎜の広角1本のみ)であったが、SRマウントのレンズは安価でゴロゴロ転がっていることもあって現在では我が基幹のNikonFシステムと同等の大所帯となってしまった。ボディーもレンズと同様に安価で転がっている。機械式カメラとしてはとても手が出しやすいのではないだろうか。ここまで結構誉めてきたつもりであるが最後に一言、これはSRシリーズ全般に言えることなのだがファインダーが暗めなのでピント合わせには少々苦労する。
スポンサーサイト
プロフィール

しらす

Author:しらす
twitter@gdgd209motor
Flickr

≪自己紹介≫
一応、撮り鉄やってます。大好物は貨物列車や機関車(特に凸型デキ)、専用線・専用鉄道など。最近は地元江ノ電の撮影にお熱ではありましたが…就職で沖縄に引っ越すことに。というわけで現在撮り鉄休業中。

≪主な使用機材≫
Nikon D4s ←NEW!!
Nikon D7000
Nikon D40
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
SIGMA APO 70-200mm F2.8 II EX DG MACRO HSM
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM
SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
Ai AF Nikkor 28mm F/2.8
AF-S Nikkor 50mm F/1.8G
SIGMA 300mm F4 APO TELE MACRO

当ブログ内の画像や文章の著作権は管理人にあります。 画像や文章の無断での転載はご遠慮ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもお世話になっているサイト様へのリンクです。
天気予報
今後の撮影計画の策定にご活用ください。

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。