スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光跡


2016年9月4日撮影 ゆいレール安里駅にて

時の流れが違う…。

引き出し風景


2014年11月撮影 秩父鉄道影森構外側線にて

数々の鉱山鉄道がベルトコンベアー化によって廃止されてきた。しかし、秩父鉄道ではまだまだ健在。単に製品を運ぶだけでなく、原材料をも運ぶ姿は、同じくセメント輸送で成り立っている三岐鉄道とは一線を隔している。ちなみに、こうした貨物輸送は秩父鉄道の鉄道事業からの収入(鉄道事業収入は同社の収益の約6割)の大半を占めるのだそう。まさしく鉱山鉄道である。

クレヨンで描いたような電車


2014年10月15日撮影 近鉄内部線(現:四日市あすなろう鉄道内部線)南日永~泊にて

子供が絵に描いたような車両が印象的な近鉄内部・八王子線が、気がつくと第三セクターになっていた。そうなると開始されるのが手切れ金を基に行われる車両のリニューアル。これにより、車両の両端は冷房車に改造され、旧三重交通時代からの中間車両は新造車に置き換え、車体塗装も全車統一される。乗客の利便性は確かに向上されるが、撮る側からしたら魅力が半減である。

いるか


2012年6月10日 横須賀線北鎌倉~鎌倉にて

485系の晩年はというと、北陸路を走る国鉄色や上沼垂色がまず思い起こすものだが、個人的には勝田に所属していたドルフィンことK40およびK60編成の存在が忘れがたい。ドルフィンは、臨時列車等で私の地元路線の東海道線や横須賀線によく入線しており、特に急行ぶらり鎌倉号頻繁に充当されていたことから、神奈川からは遠く離れた勝田車両センターに所属していた車両でありながら身近な存在であった。それにしても、どういう理由で車体にイルカを描いたのか今でも気になって仕方ないので、どなたかご教授していただけるとありがたい。

バスの日


2016年9月18日撮影 ゆいレール県庁前駅界隈にて

沖縄の中心地を往く古めかしいバス。このバスはナナサンマル車と呼ばれる貴重なバスだそうだ。ナナサンマルとは、1978年7月30日のこと。沖縄県ではこの日に自動車の対面交通が右側通行から左側通行に変更され、合わせて右ハンドルバスの代替として導入されたのがナナサンマル車ということである。かつてはどこにでもいたそうであるが、2002年から沖縄本島バス4社の経営が相次いで傾き、民事再生法の適応だ、本土系グループの傘下入りがきっかけとなり、これまで動態保存がされていたナナサンマル車は淘汰され、今や沖縄バスと東洋バスに1台ずつあるのみである。

のんびり島暮らし(近況報告)


2016年8月20日撮影 那覇空港~赤嶺駅

当ブログは3~4日に1回の更新頻度を心掛けている。このため、当ブログは常に1ヵ月程度の記事のストックを有しているのだが、お盆過ぎから私の仕事の繁忙度が高まっているため、とうとうストックが底をついた。もっとも、私は土日こそ休みであるが、平日は終日PCを触っているためにブログを更新する気力も湧かず、気がつくと最後の更新から一週間以上放置してしまった。また、鉄道がない土地柄、別の息抜きの方法をなかなか見つけられない状況であったが、この度航空機の撮影を本格的に開始したことも、ブログの放置に拍車をかけた。因みに、航空機撮影では70-200mm/f2.8では全く歯が立たなかったことから、今年発売されたばかりのNikon200-500mm/f5.6を新規導入するなど、積極的な設備投資も図った(笑)。今日の一枚はこのレンズで撮影したもの。

渋滞知らず


2016年9月10日撮影 ゆいレール安里駅にて

車社会の沖縄において、那覇市内はただでさえ渋滞が深刻である中、観光客(レンタカー)の増加によりさらに深刻さを増している。特に空港利用者にとって、この問題は死活問題である。

急行


2011年7月3日撮影 東海道線大船~藤沢にて

「急行」という種別は、私鉄でこそ今でも当たり前に存在するものの、JRからは完全に姿を消してしまった。JRでの優等列車は追加料金が発生する。この点、急行は無料で乗れる快速よりも少し早いものの、特急よりは遅いことから、中途半端な存在になってしまい、消えてしまったのだろう。

カラー


2013年10月23日撮影 東急東横線白楽~妙蓮寺にて

デジタル技術の進展と共に、写真の編集や改ざんを見抜くことが日々困難になっていく。そんな中、沖縄という孤島にいる私にとって、タイムリーな鉄道の情報をえる方法はインターネットメディアが主体。最近は大手私鉄がイベントのタイアップやら何やらで、従来のカラーリングから大きくイメージチェンジした車両を走らせ、毎日がエイプリルフール状態。カオスなネットの世界で情報の精査に難しさを感じている。

入道雲


2016年6月26日撮影 ゆいレール県庁前駅にて

「降れば土砂降り(When it rains it pours)」というイギリスの諺を予備校時代に教わった。意味としては、悪いことは重なるといったもので、日本の諺で近い意味のものを挙げるとしたら「泣きっ面に蜂」に近いのだろうか。
プロフィール

しらす

Author:しらす
twitter@gdgd209motor
Flickr

≪自己紹介≫
一応、撮り鉄やってます。大好物は貨物列車や機関車(特に凸型デキ)、専用線・専用鉄道など。最近は地元江ノ電の撮影にお熱ではありましたが…就職で沖縄に引っ越すことに。というわけで現在撮り鉄休業中。

≪主な使用機材≫
Nikon D4s ←NEW!!
Nikon D7000
Nikon D40
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
SIGMA APO 70-200mm F2.8 II EX DG MACRO HSM
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM
SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
Ai AF Nikkor 28mm F/2.8
AF-S Nikkor 50mm F/1.8G
SIGMA 300mm F4 APO TELE MACRO

当ブログ内の画像や文章の著作権は管理人にあります。 画像や文章の無断での転載はご遠慮ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもお世話になっているサイト様へのリンクです。
天気予報
今後の撮影計画の策定にご活用ください。

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。